跳到主要內容

嘉義観光トラベルサイト嘉義觀光旅遊網 Travel in Chiayi

Menu

テーマレストラン一覽

満冠茶園
厳選スイーツ
5616 更新日:110-12-07

ハンドシェック飲料店が日々増した時代に、多くの人はスピーリ、便利に持ち帰られる茶の飲み物が好き、でも一つの事実を忘れがちです。一杯美味しいお茶は時間をかけて淹れること。

満冠茶園の范怡珍はこの事実を熟知している、このため民国103年(西暦2014年)で文化路に満冠茶園を開きました、要は自分が自家製の茶を消費者に飲ませたいためです。怡珍曰く、お茶を飲む一番必要なのはお互い対面できるプラットホーム、彼女は完全な茶作りのプロセスを経なければなりません、お客様に店内の其々の茶葉の香り、口当たり、特色を理解させないと、例えば蜜香烏龍の天然果実香の中にほのかな蜜の香りが含まれ、青心烏龍の豊かな茶湯は口に入れた後は喉越し爽やかな湧き水となる、各シーズンの気候が毎年変わり、同じ茶がいかに何時どのように自分に適する味に変えていくのか、これらの物語はいくつかのお茶の時間を通して、ゆっくりとゲストに伝える必要があるため、そのため常にお客様を1時間以上もてなすこととなる。しかし怡珍はそれを楽しんでいる、彼女曰く、お客様をもてなすこれらの時間は、彼女が店を開いてから今までの最大の収穫です。

満冠茶園の茶葉は華奢な包装を追求せず、茶葉は自家栽培、手摘み、焙煎製作、包装から販売を堅く守り、一つでも他人の手を借りることはしない、106年にSGS食品検査認証項目だけでも全て457項目が有りまして、茶葉の品質はずっと怡珍が最も気を配る事です。


ある台湾で10年働きました韓国人が秘書を連れて店に来られた時、彼はお茶を飲むたびに頭を秘書に振り向けて言いつける。これは彼が朝に飲みたいお茶、これは彼が昼ごはん食べ終わった時に飲むお茶、これは彼が夜飲むお茶、彼が1日中必要とする茶の香りに浸すあの大事な時間は店内のお茶で満足できるでしょう。この韓国人のお茶を飲む態度は怡珍が広めようとする「生活茶」と合致しています、これら細心に栽培した阿里山の茶葉は、私達が中に入り採取するその日を待ち続け、私達の日々の中のあの時刻の大事なお客様となるでしょう。

交通資訊
23°28'58.21032" N 120°26'56.37984" E
美食 資訊
主題分類
狀態

開放中

開放時間
月曜日 13:00 ~ 22:00
  • 土曜日 13:00 ~ 22:00
  • 金曜日 13:00 ~ 22:00
  • 木曜日 13:00 ~ 22:00
  • 水曜日 13:00 ~ 22:00
  • 火曜日 13:00 ~ 22:00
  • 月曜日 13:00 ~ 22:00
  • 日曜日 13:00 ~ 22:00
電話 2776577
熱門 美食
鄰近景點
OPEN
TOP