跳到主要內容

嘉義観光トラベルサイト嘉義觀光旅遊網 Travel in Chiayi

Menu

テーマレストラン一覽

一茶工房
こだわりのお土産
9015 更新日:110-12-07

一杯地元の美味しいお茶の製作、一口人情溢れる良いお茶の気持ち、阿里山の茶農の堅持。一茶工房は自然農法を採用、素朴な茶葉の元の色、華奢せず、誇張せず、天に敬意に地を愛す、良いお茶を作る地元精神を保ち、全て一杯のお茶の幸福美味を飲ませ続けたいためです。

当時林盈嬌統括ディレクターは家族の事業を継承したけど、それはまた、ゼロからの始まりです。台湾の良いお茶の路を理解しても、一歩一歩はかなり苦労しますけど、かなり着実なステップです。自家茶園産地から出発、茶の栽培、採取、製茶、焙煎、そして茶葉の営業、ブランド茶店を開き、最初から最後まで最も厳格に茶葉を検査、お客様に本物の、確実の地元台湾の良いお茶を飲ませたいと決心し!歩いて来たこの路は特に秘訣もなく、堅持以外でも、またも堅持のみです。

この創業の経歴を言いましたら、林盈嬌曰く一番難しいのは「茶園管理」を理解すること、この学問は奥が深い!特に創業初期、毎回山の上に茶の採取季節になると、人員不足になると、心中いつも乱れます、この苦しい日々を思い出すと、今では笑いながら言えます:非常に価値がある!そのため大きな声で消費者にも言えます「貴方が飲んだお茶は私達が栽培した。」さらにこれは消費者、地元の良いお茶に対しての気持ちです、これにより一茶ブランドのこの路を歩み出すことができます、シンプルに華奢なくの包装、華麗過ぎない外観、更に消費者が茶自身の内たるものを注目、健康に負担の無いお茶飲みの初心に戻ります。

店内のスターの名は桃喜紅茶と言います、これは「討喜」の諧音(当て字読み)からです、早期お茶売りの茶葉放送から改良、外観は「桃城」の古図を連結、阿里山北緯23.5度の青心烏龍種から製作した紅茶を精選し、茶の性質は温和そして誇張せず、しかし音調リズーム変化は豊富、嘉義人の本質みたいです。新しい茶の飲み方の考えを通じ、若者たちも台湾茶の世界に入れますようにしないと、必要不可欠な使命を継承しなければなりません。台湾の本物の良いお茶を通して、極めることにより得られる味わい深いおもむきを楽しめ。

交通資訊
23°28'22.20240" N 120°26'26.59308" E
美食 資訊
主題分類
狀態

開放中

開放時間
月曜日 12:00 ~ 21:00
  • 土曜日 12:00 ~ 21:00
  • 金曜日 12:00 ~ 21:00
  • 木曜日 12:00 ~ 21:00
  • 水曜日 12:00 ~ 21:00
  • 火曜日 12:00 ~ 21:00
  • 月曜日 12:00 ~ 21:00
  • 日曜日 12:00 ~ 18:00
電話 2369768
熱門 美食
鄰近景點
OPEN
TOP