跳到主要內容

嘉義観光トラベルサイト嘉義觀光旅遊網 Travel in Chiayi

Menu

テーマレストラン一覽

GoodLuck coffee
厳選スイーツ
7791 更新日:110-12-07

GoodLuck coffeeは南興路一本の小道の中にある、知る人ぞ知る専門コーヒーショップです、もし小道の入り口から中を眺めると、この特色のあるコーヒーショップが機械屋の背後に隠していることは想像もつきません。

GoodLuck coffeeに入りましたら、周りを見ればGoodLuck coffeeのオーナー林芃瑋の手で改装したマシン装置が見えます、発電メーターから改装してとなったランプスイッチ、キャプテンアメリカの盾を着けたテーブル横の小さなテーブルランプなど、積み重ねられた木製の壁とテーブルと椅子の上は特に興味深いです。芃瑋曰く、コーヒーショップの空間元は彼が青春時期の部屋です、部屋の隣り合わせは父親林安財の銨鋒機械屋です、小さい時耳に慣れ目に染まるうちに父親の仕事で特技の機械工程を習得、前後2年の時間、全て自分が袖を巻き上げ、汗を垂らして完成させました。

外地就学の場所から嘉義市へ戻り、芃瑋の最初の仕事はコーヒーマシンエンジニアです、仕事は各地のコーヒーショップへ行きコーヒーマシンのメンテナンスを行う、在職中の初めの3年、コーヒーショップを始めることを考えました。店の棚にはコーヒーマシンがあり、隣接したバーの横にコーヒーマシンのメンテナンステーブルがあります、レンチ、ドライバー、ペンチのすべての種類が壁に掛けられています、まるで内に暖かい光を秘めた君子、芃瑋が持ち上がる時になれば、彼が立ち上がったとき、勇敢そして敏捷な身ごなしを大いに発揮するだろう。


GoodLuck coffeeのトイレに出た時、壁の上に一枚古くから日本語で書いた感謝状が見かけます、聞いて分かった事は、芃瑋のお爺さん林武長は日本統治時代に安豊鋸屋を設立、人は「ノコギリ林」と称した、鉄筋コンクリートが台湾社会でまた使われていない前では良き貢献が多く、そのためメーカーから感謝状を頂きました。私はノコギリ鉄板職人のプロとしての林武長を想像し、息子林安財と孫林芃瑋はそれを引き続き、その分三代に伝承され、仕事に対しての細かさ、専念と心がけ、この時もこのコーヒーショップの隅々までしっかりと落ち着いています。

交通資訊
23°27'58.30596" N 120°27'18.76896" E
美食 資訊
主題分類
狀態

開放中

開放時間
月曜日 公休日
  • 土曜日 13:00 ~ 19:00
  • 金曜日 14:00 ~ 19:00
  • 木曜日 公休日
  • 水曜日 公休日
  • 火曜日 公休日
  • 月曜日 公休日
  • 日曜日 13:00 ~ 19:00
電話 2227301
熱門 美食
鄰近景點
OPEN
TOP