跳到主要內容

嘉義観光トラベルサイト嘉義觀光旅遊網 Travel in Chiayi

Menu

観光スポット一覽

北門駅
テーマ観光スポット
33034 更新日:110-12-06

北門駅は森林鉄道の小型蒸気機関車の始発点です、同時に阿里山鉄道貨物の集散地です、阿里山鉄道沿線の民生物質は全てここから山へ運び、重要な位置です。阿里山森林鉄道は世界に残された高山鉄道の三本の中の一つです、独特な魅力があります。

阿里山森林鉄道北門駅は台湾紅檜によって建てられ、西暦1912年阿里山鉄道が全線開通前に完成。旧北門駅は20年前に新しい駅建てた後、車両修理業務員の事務所となりました。当駅の面積は約28坪、主に事務所、チケット売り場、待合室三箇所となります。

阿里山森林鉄道は「螺旋状鉄道」、「Z型登り」、「千分の62.5登り坂」等珍しい特色があるため国際的にも有名でした。北門駅は阿里山鉄道の始発駅です、駅建築全体は阿里山の紅檜建材を使用、造形は古典的且つ上品で素朴であります。

日本統治時代、林業開発は最も重要な経済の源です、北門駅の近くには林業事務庁舎、貯木池、製材所、機関車修理工場、営林クラブ等機関が設立されまして、木材産業が使用する機能は完備され、北門駅は阿里山の木材伐採の集散センターとなり、重要な位置です。

戦前は台湾拓殖株式会社が経営、戦後は林務局の所属に変えました。民国62年(西暦1973年)10月、北門新しい駅が完成使用し始めた、北門駅は無事に引退。阿里山森林鉄道が運び下山した木材は、北門駅の近くに集め、木工場、木材卸業、木材切りと製材工場は至る所に分布します、南から北への木材業者、旅館、レストラン、映画館等ビジネスチャンスを率いて動かした、人口は快速に増やし、運搬業は活発に、すべての業種は繁栄しています。阿里山森林鉄道は世界に残された高山鉄道の三本の中の一つです、独特な魅力があります。旧駅は民国63年(西暦1974年)3月に新しい駅が建てられたため、その機能を失い、しかし素朴な外観と施設は極めて文化資産価値を持ち、嘉義市政府は既に市指定の古蹟にしました。

北門駅は日本式造形の木造駅です、建築面積は95.15平方メートル、主にチケット売り場、待合室と事務所となります。現在は鉄道文物展示館、駅前広場と周辺に「喚呼のラントマーク」、「時空廊下」、「生態芸術壁」等公共芸術の設置を計画、此れを以て鉄道文化の集団意識を集めます。

交通資訊
23°29'14.27964" N 120°27'16.65936" E
観光地 資訊
主題分類
狀態

開放中

開放時間
月曜日 08:00 ~ 16:00
  • 土曜日 公休日
  • 金曜日 公休日
  • 木曜日 公休日
  • 水曜日 公休日
  • 火曜日 公休日
  • 月曜日 08:00 ~ 16:00
  • 日曜日 08:00 ~ 16:00
電話 2762251
古蹟分級

縣(市)定

熱門 観光地
旅客評等
  • 很棒 22
  • 非常好 40
  • 一般 7
  • 0
  • 糟透了 0
鄰近景點
OPEN
TOP