跳到主要內容

嘉義観光トラベルサイト嘉義觀光旅遊網 Travel in Chiayi

Menu

テーマレストラン一覽

嘉元市パンケーキ
厳選スイーツ
7622 更新日:110-12-07

35近くそして食品会社で就職している陳文興は、自分が創業する夢を持って、危機重々の森に足を踏み入れた。ベーカリーの経験の無い彼、まず先に先輩と関連の先生に対しての質問から、何度の失敗と挫折を経て、5年近くの時間をかけ、やっと森の中から自分のいる場所を見つけ出した。

自家製煎餅の差別性と独特を強調するため、陳文興は「観光市場」の煎餅の開発を始めた、伝統煎餅の造形、味わいを変更、時々色んな創意十分の煎餅を発想。週末になれば、押し屋台に自分の製品をいっぱい入れ、直接観光スポットへ行き販売を行う、時間経てば、徐々に知名度もあげ、他の屋台の小売も彼から品を仕入れ売りにいきました、更に自分の創意煎餅はより多くの発揮空間が存在することを発見、それで陳文興は引き続き天馬行空の想像力を発揮し、木柵動物園の圓仔(パンダの名前)の流行りに合わして「パンダ煎餅」から黄色小鴨(ラバーダック)の熱い話題に「小鴨煎餅」まで、今では製造業者の独占的にカスタマイズ煎餅の注文に対応することが可能となりました。繊細な金型は、正確にQRコードの烙印が出来ます、スマートフォンを取り出して煎餅をスキャンし、特定のページやFacebookに即座に接続することができます。

造形が可愛いカスタマイズされた煎餅を提供するだけではなく、陳文興も特別に嘉義市専属の桃造形の煎餅を設計、創作のインスピレーションは嘉義市の形が桃に似ているからです、そのため「桃城」の称号が有ります、この「諸羅桃菓」は更に嘉義市十大手土産の賞を獲得。翌年引き続きに新たなものを出し、嘉義市の景色を煎餅の上に烙印、観光客が一口で嘉義市の観光の美を食べられるようにしました。

十年も歩いて来た煎餅の路、陳文興は食品の森の中の道中では一度泥沼と険悪が充満し、でも彼は知っている、この地域ではほんの少しのミスでもすぐに消えてしまう、そのため常に自分革新と精進するように言い聞かせ、未来の道中では、引き続きに創業当時の初心を持ち、毎回の出撃は全力で立ち向かう、非の打ちどころのないように頑張りたい。

交通資訊
23°27'1.02096" N 120°26'29.69592" E
美食 資訊
主題分類
狀態

開放中

開放時間
水曜日 08:00 ~ 18:00
  • 土曜日 08:00 ~ 18:00
  • 金曜日 08:00 ~ 18:00
  • 木曜日 08:00 ~ 18:00
  • 水曜日 08:00 ~ 18:00
  • 火曜日 08:00 ~ 18:00
  • 月曜日 08:00 ~ 18:00
  • 日曜日 公休日
電話 2866087
熱門 美食
鄰近景點
OPEN
TOP