すべての分類

嘉義観光トラベルサイト

お気に入りに追加

嘉義市頂庄里ではエコ配慮とした生態系の変革を実行して以来、長年に渡りかなり成果を上げています。台湾製糖株式会社の古鉄道はモデルチェンジしてコミュニティ自転車専用道路になり、両側のフォルモサアッシュの上に所々カブトムシ群れが見えて、びっくりして嬉しいです!カブトムシの生態回復は容易なことではありません。頂庄コミュニティは水質や環境の改善、フォルモサアッシュの栽培、自転車専用道路の構築を通じ、喜ばしい住居環境を作り上げ、カブトムシを再現させましょう。毎年5月中旬に、地方から出てくるムカデが土壌から出てきて、その仲間を探し出し、子孫を繁殖させようとしています。ワニの木の中に何百もの双子の指紋が置かれています。 5月中旬から6月末まで毎年、家族と一緒に子供たちを自然に触れさせ、子供の思い出を想起させることは大変喜ばしいことです。 。毎年5月中旬にカブトムシは土壌から羽化して交配する相手を探し、繁殖して数百匹のカブトムシはフォルモサアッシュに集めていて、それぞれの姿勢を変えてひいてはお互いに戦い合い、とても驚嘆的な光景です。カブトムシは「甲冑の武士」という美称があり、「甲虫の跡探し」というイベントは毎年5月中旬から6月末まで開催されていて、家族を連れてこちらに遊びましょう。子供達は自然とふれあい、大人でも子供時代の思い出を想起します。言及する価値があるのは、嘉義市政府は2017年に「第1回金メダル農村試合」を開催し、最後「頂庄コミュニティ」は優勝を獲得し、金メダルの農村と選ばれました。◎どうやって行くのでしょうか。 台湾製糖会社の古鉄道のモデルチェンジとしたコミュニティ自転車専用道路は開放的な空間で、義教街の頂庄里長の事務室の向こうの585巷から入りコミュニティの自転車専用道路の両側にカブトムシの群集が見えて、昼間や夜でも見えて、みんな様は暇のとき、頂庄を散策し、ただでカブトムシを鑑賞できますよ。

2607
お気に入りに追加

嘉義市には約25.26ヘクタールの香湖公園があり、嘉義公園に次ぐ二番目の公園であり、林業文化のテーマパークとして位置付けられています。香湖公園は清代の文献に記載されている「諸羅の八景」の一つの「北湖の蓮の香りを再現し、そこで園内には北香湖が設けられ、また2,000本以上の灌木、7万本以上のあずまやが植えられています。 そして周辺の博愛公園と埤子頭植物園を組み合わせ、西部地区において最大の公園緑地を形成し、嘉義都市の肺になります。 公園には、松風亭、さくらの森、埤子頭(ピズドウ)植物園、草の坂景観区が設けられて降り、遊客はよくここを訪れています。

2816
お気に入りに追加

北門驛前、玉山旅館のそばにある小公園は明治統治時代からイラストラーであるSMART莊信棠は「熟睡の森」をテーマとし、白熊、ピンク象、狐、フクロウ、ペンギン、リスなど一連シリーズの可愛い動物造形を設計し、元の緑の木、空襲の避難所、街灯と結び合せ、あそこをぶらぶら散策し、生き生きと穏やかな森の雰囲気を感じます。 入り口のサクラ鉄のアーチは北門驛を阿里山の入り口というイメージを呼応し、鳥かごやフクロウ造形の飾り街灯、星、月、太陽の味方となり、50年の樹齢のレンブの木と懐旧の念に溢れた空襲の避難所、色鮮やかなカラフルなライトが掛けてあり、幻のライト、眩しい夜の光、魅了されました。

2048
お気に入りに追加

嘉市KANO園区は2017年8月に落成し世の中に嘉義市の誇りを持つ野球史を見直しました。家庭教育センターの向こうにある屋外音楽劇場、野球彫刻エリア、銅製バット、野球グローブの椅子などが鑑賞できます。地面上嵌められた石板をよく見ると、映画の《KANO》の中のセリフです。例えば、「退路のないパパヤ樹木、きっと美しい果実を生じます」、「野球が上手になるショートカットなく、何度も練習するのみです。」広さ40メートル、長さ180メートルの「野球センチュリーアベニュー」は前嘉農野球チームが野球場に行く必ず通過する道で、床の石板やそばにある野球名人ウォーは丁寧に嘉農野球チームの発展史棒球隊的發跡史を呈し、その頃、甲子園の二位を獲得した16名の野球メンバーを紹介します。 当然、KANOの4メートルトンの重さ、5メートルの直径の景観ボールは絶対に見逃せませんよ!アルミ合金で作られ、嵌めた中空型リングは120個超えて昼間に眩しい太陽の光を照らして夜になるとカラフルなライトショーがあり、それぞれ異なる雰囲気と趣を感じ、遠近法による撮影はここも似合っていますよ。ボールを手にしますか、またボールを蹴る妙な姿勢はそれぞれの角度から創造性のある写真を生み出せますよ!

3181
お気に入りに追加

確立され:建造 : 道光 19 年 ( 1839年 )一品夫人-王祖母の許太夫人王祖母の許太夫人は福建省の水師提督である王得祿の義理の姉です。墓碑の両脇に双龍拱碑石刻が刻まれており、一から四の庭両端にはそれぞれ麒麟、蒼鷹、瑞獅、象の彫刻があり、五の庭外側には土墳が設けられています。墓碑の両脇に双龍拱碑石刻が刻まれており、一から四の歩庭両端にはそれぞれ麒麟、蒼鷹、瑞獅、象の彫刻があり、五の歩庭外側には土墳が設けられています。墓の脇には土墳を守る農家の果樹園があり、懐かしさにあふれています。古人は人の最後を慎んで忍び、厚葬を提唱することで孝行の道を示したのです。王許氏は一品夫人という栄誉ある肩書きを授かり,五步庭大墓を建立されました。すでに百六十年余りの歴史がありますが、完全に保存されており、非常に貴重な古跡となっているのです。台湾古墓は伝統的な閩南形式を採用しており、墓塚を中心にして、墓庭が前に設けられています。一品夫人の王許氏の墓碑前両側には階段状の墓手があり、余徳が子孫まで及ぶことを象徴しており、曲がり角と立石柱、柱頭には吉祥動物の彫刻があり、非常に特色があります。

1742
お気に入りに追加

確立され:初建 :康熙 年間かもっと早い年代 (八奨渓義渡は国家三級古跡と認定された)嘉南平原の主要河川台湾の河川は短く急であるために、旅人はいつも船の助けが必要でした。八掌溪は重要な水路であり、渡し場がたくさんありました。その中でも最も忙しく重要な渡し場は弥陀寺脇にある渡し場で、言い伝えによると1715年に諸羅知県の周鍾瑄が募金を呼びかけ、渡し場でいかだを編み人助けをしたそうです。 八掌溪(旧名:八奨溪)は嘉南平原の主要な河川の一つで、初期は長い橋を建設することができなかったので、弥陀寺の脇に渡し場を設置し、いかだ船で川を渡っていました。現在まで保存されているものには1847年に刻まれた「八奨溪義渡碑」があり、これは環境になじんだ義渡碑であり、台湾では極めて珍しく貴重なものです。八掌溪は位於朴子溪の南、急水溪の北に位置しています。嘉義県の番路郷、中埔郷、水上郷、太保市、鹿草郷、義竹郷、布袋鎮、嘉義市および台南県の北門郷、塩水鎮、学甲鎮、後壁郷、白河鎮をそれぞれ通過し、最後は嘉義県の好美村を通り台湾海峽の海に流れ込みます。八掌溪の洪水時期は1秒あたり約1800m3の流量があますが、渇水時期は1秒あたりわずか 0.4m3の流量しかなく、水量変化が非常に大きいといえます。八掌溪は夏秋の洪水氾濫期は、川の水位が急に高くなり、當時住在八掌溪両岸の住民の交通は制限され通行不能となります。その時期、両岸を行き来する際に住民は竹いかだを頼みに川越しなければなりません。当時の住民は八掌溪の沿岸に五カ所の渡し場を設け、竹いかだの停留と住民の乗船降船のために用いました。義渡の設置は、台湾における初期の交通路線の選定と都市発展に大きな意義を持っていました。八奨溪義渡は嘉義市を行き来する旅商人、運輸貿易、ひいては嘉義地区の経済繁栄に対し大きな助けとなってきました。残されているこの義渡碑は、まさに歴史の証人となっているのです。

1497