嘉義観光トラベルサイト

桧意森活村

阿里山森林鉄道を起点とする本市の北門驛は、阿里山の入口と呼ばれます。早期阿里山森林鉄道で山を下ろした木材を本市に集めてことで、北門驛周辺の木材業者と製材工場が目覚ましく発展し、繁栄したことで、付近の商業も発展しました。当時周辺に建設された日本式家屋に使用された桧材は、日本建築の一大特色であるとともに、阿里山林業の発展の歴史を裏付けるものです。

時を経て4年、総費用4億、台湾初めての森林文化クリエイティブバザール−嘉義檜意森活村は2014年1月1日から3月23日までテスト運営をし、それは文化クリエイティブバザール、31号書店、戀戀北門人文飲食、老楊五村、並木館、そして一心二葉館は森マーケットと変わり、全て精彩に登場した。檜意森活村はテスト運営範囲を林森東路の両側のパーク範囲をメインとし、全てのパークは3.4ヘクタール、運営内容はテーマ書店、森マーケット−農業精品、文化クリエイティブバザール、木創館、精品フルーツ名産館等を含みます。

一心二葉館から変換した「森マーケット」と全台湾百を超えたブランドと農会と提携し、館内で産地直送の優れた品質の良品を提供、更に40年を超える農業楽活雑誌と提携、精彩な農人−物語から、消費者が感動する農産精品を見つけ、並び展示会を開く政策を取り、田舎小道の内容を展示の素材とし、消費者が一心二葉館に入った後、まずはじめは雑誌内容を立体化した展示内容が見られます、この様な展示方法は消費者が更に一歩進んで農産品との共鳴が生まれます、土地に感動された経験を創り上げよう。

文化クリエイティブバザールの部分においては、嘉義在地の文化クリエイティブ業者が入り、それはIF台湾文化クリエイティブデザイナー連名グループ、弓道人心葫蘆雕、太拙居指紋商品館、龍鳳祥交趾陶、印簿玩、鉄山漆坊、一心拼布、二魚-アンティークジュエリーデザイン、千峰工芸坊等嘉義在地の文化クリエイティブ特色を含まれています、更に大きなエネルギーを集め、嘉義の文化クリエイティブが華開くような壮大さを実証。

関連リンク :
住所: 嘉義市東区林森東路1号
電話番号: (05)276-1601
営業時間: 月曜日 ~ 日曜日 10:00–18:00
共有する:
地図の位置
前のページ 次のページ