嘉義蘇周連宗祠

嘉義観光トラベルサイト

嘉義蘇周連宗祠

確立され:光緒22年 ( 1896年 ) 前

嘉義百年祠堂

この祖廟は嘉義市に現存する中で最も早く設けられた祠堂で、大嘉義地区の蘇氏の先祖祭りと宗親会の連絡所としてすでに数百年の歴史があり、宗族発展の歴史に関する研究価値があります。また、祭祀活動を毎年行っており、自分のルーツを探し求めるよう啓発するなど、深い文化的意義を持っています。民間には「嘉義蘇氏は嘉城の半分」と言われており、蘇氏族の蘇孝德と蘇育奇は以前に嘉義区長を務め、美記商行を開設するなど名が知れ渡っており、嘉義市の政治、経済、文化発展と密接な関係があります。 

先祖に対する崇敬を提唱するため、この祖廟は日本統治時代に初めて設立され、蘇氏家の廟から蘇、周、連三姓の共同祠堂に発展しました。祠内には蘇・周・連の各神位および蘇氏先祖の進士合格者、即位した神位 31尊、および蘇氏の命の恩人である洪公祖の特殊神位が安泰されています。この建築は豪華な民家を祠堂に改築した典型的な例で、伝統的な閩南スタイルに属し、格式の保存は良好で、全棟五開間、一進式の三合院、一つの釘や煉瓦も使われていない中堂、かまちの木雕および精美な彩色、木構造の窓を開く特殊な設計、渡り廊下、穿斗式の梁、軒下吊筒間の弓形角梁、梁および椼引の間、それぞれの開間に二組の斗座草があり、極めて珍しいものです。すべての作業は非常に精密なもので、芸術価値があります。 

.歴史ミニ百科

‧1896 年に蘇氏先祖は募金を呼びかけ中古家屋を購入し、蘇氏家廟に改築する。 

‧1958年に蘇周連祖廟と改名する。

関連リンク :
住所: 嘉義市垂楊路326号
電話番号: 886-5-2719346
共有する:
画像エピソード
地図の位置
前のページ 次のページ