嘉義神社付属館所

嘉義観光トラベルサイト

嘉義神社付属館所

水乾涸びてから半世紀の嘉義神社「手水舎」は復水した、嘉義市史跡資料館の対面にある手水舎、嘉義神社の歴史は1911年からありまして、同時日本人は日本国家の神道を提唱するため、皇民化運動を推進、嘉義庁は積極的に嘉義神社を建てました。嘉義神社は二代に分けられます、初期の神社は1915年に起用され、その位置は今の射日塔の右前方、当時は参拝者の人数は多く、空間は足りないため、新たに二代目の神社を建てました。

古蹟の全体範囲は一代目の神社遺跡、祭器倉庫、手水舎、休憩所(参集所)、斎館、社務所等付属施設を含みます。

嘉義神社2代目の手水舎は1945年から使用開始、独立した4本柱の庭建築をなります、中央には八角形の溢流水槽、水槽内は石盤を一つ置いてあります、そして長めの柄杓、参拝者が手と口を清めるために提供しています、これにより身や心を浄める効果を達成します。

古蹟を守るため、水道水を引き更に自動出水装置を付け加え(手水舎)、お客様が日本の神社に訪ねた時に手や口を漱ぎ清める手順を体験出来るようにした、水が回復した後、更に多くの民衆が嘉義市史蹟資料館を参観した時、神社の歴史文化により多くの認識が得られるようと願っています。


住所: 嘉義市東区民権路122号
電話番号: (05)229-4593
共有する:
画像エピソード
地図の位置
前のページ 次のページ