嘉義観光トラベルサイト

九華山地蔵庵

焼香が絶えない九華山地蔵庵 


九華山地蔵庵の旧名は「嘉邑北嶽殿地蔵王 - 九華山地蔵庵」でした。 


地蔵庵正殿は地蔵王菩薩、大雄宝殿は釋迦牟尼佛をそれぞれ本尊としており、前庭には太歳殿および文昌殿が設置されています。大悲殿は観世音菩薩、弥陀殿は阿弥陀佛、薬師殿は薬師佛、頂楼大願殿は四尊南無大願地蔵王菩薩をそれぞれ祭っています。 鎮殿地蔵王菩薩は交趾陶の巨匠である葉王により創作されたと伝えられており、その姿は荘厳で慈悲深く、神気に溢れています。霊の助けや土地や人々を守ると信じられており、地元住人の最も大切な心のよりどころとなっています。 


年度法会には上元法会、中元法会と下元法会があり、参加者は毎回一万人に上り、非常に活気があり地蔵庵の焼香は耐えることはありません。さらに慈善救済イベントを常に開催し、衆生をあまねく済度することで人々の心を慰めています。廟内にある鎮殿地蔵王菩薩神像および十殿閻羅神像はともに歴史あるもので極めて大きな価値があります。 


.歴史ミニ百科


九華山地蔵王菩薩は金色の新体をしており、はるか昔の明朝末年にある人物により台湾に持ち込まれました。1697年に現在の場所で祭られるようになってから今日まですでに三百年余りの歴史があります。1717年に北路営守備の游崇功が地蔵庵を建設し、1760年に知県の李倓が拡張工事を行いました。初めは小規模でしたが、幾度の修復を重ね、ついに1971年に七層蓮花宝殿の建設に至りました。

関連リンク :
住所: 嘉義市民権路255号
電話番号: (05)278-2555
共有する:
画像エピソード
地図の位置
前のページ 次のページ