嘉義観光トラベルサイト

月桃物語館

月桃は私達の会社の創始者何勇魏さんにとっては深い意義を持ちます、民国40年余りにおいて、彼は学校に行かれる前から、既に月桃を切り売りにしています。月桃は一本丸ごと使うことが出来ます、葉っぱは粽と食材を包むことができます、且つ抽出することにより加工材料にもなります。葉鞘は縄の材料になります、早期では漁民の魚網の材料として使用されました、花は食品の香料として作ることがきでます。種のまたの名はガランガル果実と呼ばれ、仁丹作りの主な原料となります。根は食品の香料や漢方薬などとして作ることができます。月桃は強い生命力を持ち、環境がどんなに悪くても成長することは出来ます、断崖絶壁であろうと、海沿も彼をよく見かけます、彼は一つ丸ごと利用される価値が創造されています、まるで私達台湾人みたいに根ざしています、聡明勤勉に知恵を持って、ただ発見されることを欠けているだけです。

科学技術の進歩に伴い、CO2超臨界抽出技術を使用することで月桃に多くの貴重な成分が発見され、華実会社は30年以上にわたり日用品やスキンケア製品の開発能力を蓄積し、超臨界、水抽出と10,000クラスのクリーンルーム製造用の研究開発設備に投資してきました。並びに嘉義大学、嘉南薬理科技大学、嘉創センター、財団法人金属センター等組織と提携し、月桃シリーズ製品の開発と色んなローカル特色植物の製品を応用、且つ国民がこれらの特色植物の生態系の物語を理解できるように進め、革新的な経済を生活に導入し、健康で持続可能で幸せな生活様式を確立するために、月桃物語館が生まれました。

関連リンク :
住所: 嘉義市東区保忠一街359号
電話番号: (05)276-6399
営業時間: 月曜日 ~ 日曜日 08:30–17:00
共有する:
画像エピソード
地図の位置
前のページ 次のページ