クラシック嘉義の旅

クラシック嘉義の旅

クラシック嘉義の旅

半日遊 一日遊 二日遊
半日遊

100年嘉義公園(2.6キロメートル –約9分間) →蘭潭風景区(観光地) (1.9 キロメートル –約5分間)

◎嘉義公園(史跡資料館、射日塔) →蘭潭風景区→ 禾康園 → 食事

◎嘉義百年公園には豊富で稀な文物や宝物があり、多民族、多王朝の文化の特徴が伺え、自ら訪問し、丁寧に味わう甲斐があります。その他、公園の北東側にある林業、農業の試験支所には多くの熱帯植物を植え、濃い陰で暑さを避けて、緑の葉はゆらゆらと風に揺れて、遊びに来るに値します。

 ◎蘭潭は南潭という別称があり,蘭潭の潭水は澄み切って底まで見えます。四面から小山や丘陵が帰伏していて、湖に綺麗な山の姿が映っていて、潭水がぼんやりとした月光に合うと、あたか潭水は詩や絵の如くのような景色が呈しいて、故に「蘭潭に浮かぶ月」は嘉義の八景の一になりました。沿岸の環湖公路に沿って、湖巡り、觀景階(景観ビル)が見えて、屋上に立ったら、蘭潭を一目で鳥瞰できます。


林業回廊の檜巡り・幽静体験~阿里山森林小型鉄道は嘉義にありますね!

一日目

嘉義市立カルチャークリエティブ産業園区(嘉義古ワイナリー)(1.7キロメートル –約5分間 ) → 北門驛(160メートル –約1分間) → 檜意森活村(500メートル –約2分間) → 阿里山森林鉄道車庫園区(200メートル –約1分間) → パワールーム木彫り作品展示館(500メートル –約2分間) → 森の唄(500メートル –約2分間) →嘉義市立博物館(100メートル –約1分間) → 交趾陶芸館(1.3キロメートル –約4分間) → 獄政博物館(嘉義古監獄)(1.7キロメートル –約5分間) →文化路夜市(無)

◎私の幸せと“嘉義”

◎「嘉義カルチャークリエティブ産業園区 (嘉義古ワイナリー) → 北門驛 → 檜意森活村 → 阿里山森林鉄道嘉義車庫園区→ パワールーム木彫り作品展示館 → 森の唄 → 嘉義市立博物館 → 嘉義市交趾陶芸館 → 獄政博物館

 (嘉義古監獄) → 文化路夜市


◎嘉義カルチャークリエティブ産業園区 (嘉義古ワイナリー):嘉義鉄道駅の隣に位置する嘉義古ワイナリーは1916年に建てられ、台湾の最も早い高粱酒を生産するワイナリーで「白ワインのふるさと」という称号があります。嘉義ワイナリーは1982年に民雄工業区に移転し、移転して建設したあと、現在の建物を全て保ち、例えば、試験工場やボイラールーム、ハードウェア倉庫、酒の再処理工場、造り工場、包装工場、機械修理、木工室を含み、歴史的な建築で台湾酒造り産業の重要な文化資産とされています。


◎北門驛:日本統治時代に日本人は1899年に阿里山森林を発見し、埋蔵量が十分で80年間の木材伐採計画を実行できます。阿里山鉄道を敷くため、台湾の上等の檜や糸杉を日本と台湾の平地に神社を建てる同時に日本の関東や関西、九州の造船業に提供します。木材搬送の鉄道終点駅は嘉義の北門を設け、日本人がステーションを駅と呼び、故にこの木造り駅を北門驛と呼び、この駅は百年近い歴史を持地、阿里山森林鉄道沿線の僅か三つ残った和風木造り駅の一つで非常に珍しいです。


◎檜意森活村:阿里山森林鉄道の起点駅は本市の北門驛で、嘉義市は阿里山の入り口となり、早期に阿里山森林鉄道により木材を搬送し、嘉義市に集めて、北門驛の周辺の木材屋及び周邊木材行及木材工場の商売繁盛を促進し、当時の繁栄な光景を成し、また周りに商業発展を促します。当時に周りの建物である和風家屋の建築材料は全て檜を採用し、それは和風建築の大きな特色となります。それも阿里山林業の発展の歴史の証しとなります。この和風家屋の建物を活性化するために特別に「檜意森活村」を創り上げ、6大のテーマエリアー林業資料館、農業ブティック館、スペシャル商店、檜町原宿、木材芸術、美術の芸文などを含みます。林業の歴史を認識するほか、精緻な木工産業の美を体験しながら、阿里山林業の文化を発揚します。


◎阿里山森林鉄道嘉義車庫園区:大型列車は大型電車の生態博物館のように近い距離で何台の退役した蒸気機関車、ディーゼル機関車、パワーバス、乗客用バン、蒸気機関車頭出しの方向を転換する円形ターンテーブルに触れて鉄道ファンとして絶対に見逃せない列車宝物庫です。


◎パワールームの木彫り作品展示館:前身は嘉義市の最も早い火力発電所で、また嘉義市の初めての鉄筋コンクリート(SRC)構造の建築で1913年竣工しました。早期に神式の建築技術で建造してまれな高い天井の大スパン構造の建築で、現在はこの歴史的な建物をリフォームして木彫り展示空間として利用します。


◎森の唄:嘉義市の林業嘉義市林業回廊の新しいランドマーク-森の唄、林務局が提供した木材やレール、木藤、石材などの材料で制作され、嘉義に「木材の都」という繁盛な光景を再現します。設計のイメージとしては空に聳える神様の木と阿里山鉄道レールをテーマにし、幽静な心の塔を作り上げます。ストリップ木材で囲まれるテーマとして、神様の木は極めて高い峰を持ち、空にそびえて、大量の梱包された木材は高い塔の形状に積み重ねられていて、嘉義の輝かしい林業の光景が反映されています。銅材で編まれた丸いドームは空の雲を帯びて、民衆に太陽や月を見上げる機会を与えます。藤材編み通り道を利用してこの出入り道を介し、山の穴の仙境を貫通する感じがあります。底部のスチールフレームの石かごで囲まれていて、山林の土壌との綿密に繋がる生態的関係で平地と森林の特別な環境を引き立てます。


◎嘉義市立博物館:多機能の総合的博物館で、建物本体は地下一階で、地上三階です。1階-地質ホール、特別展示区;2階-化石ホール、交趾陶芸特別展示、石猴特別展示区;3階-美術ホール、陳澄波紀念区、嘉義芸術的空間です。展示内容には嘉義の「地質、化石、美術」という3大テーマが含まれています。地質ホールは嘉義が北回帰線に位置する科学的定義とドリフト変化を探求し、また関連の山脈と地震を紹介します。化石ホールには主に嘉義に出土された生物化石が展示されます。美術ホールは画家である陳澄波紀念区を展示し、当代の各芸術的テーマの展示を行い、完全に嘉義市の地元の自然景色と人文的芸術などの特徴的な文化を呈します。


◎嘉義市交趾陶芸館:嘉義市は交趾陶土のふるさとで日本では「嘉義焼き」と称されていて、その館では六つの展示区があり、またファイティングワール、子供の創作区、陶芸教室などを設けて、完全的に交趾陶土の由縁や装飾シーン、伝統的なテーマを紹介し、十分に交趾陶芸の成形の美、釉薬の美、題材の美を呈します。


◎獄政博物館(嘉義古監獄):現在は台湾法務部より獄政博物館を設け、監獄の完全的な建物群を保存し、また単一タイプの建築物の発展史の研究価値が高く持っています。とりわけ刑務所ビルの空間の位置は放射線状の扇形設計を取り、世界唯一の現存するペンフォディアン刑務所の構造であり、囚人の脱出防止や管理の利便性を果たしたほか、通気性や照明度、水気防止、エアパトロールなどの需要を満たし、また刑務所施設、コンソール、行政エリアはほぼ本来の外観を保ち、ドアや窓、壁板材は大部分では阿里山の檜を利用し、特別に堅固性、耐用性、脱出防止性などのプロフェショナル施工を加え、台湾の監獄の歴史と建築の意味では非常に貴重なことです。


◎文化路の夜市:嘉義市中心に位置し、道に沿って色々商店や屋台があり、例えば鶏肉のご飯料理、魚の頭のキャセロール、お米ケーキの切れスープ、台湾風おこわ、うなぎソテーの麺料理、豆腐プリンスープなど、しかも多くの嘉義の有名な美食とお土産はこの近くにあり、嘉義の中で最も繁華街であり、最も重要な飲食や買い物商圏で、またその夜市は台湾交通部観光局の2010年十大の特徴的な夜市に入選され、買い物や美食を堪能する同時に中央噴水池に色鮮やかなスプリングを鑑賞でき、また文化的かつ芸術的雰囲気に富んだ文化公園に休むことができます。

一日遊

一日目

射日塔(2.1キロメートル –約7分間) →蘭潭風景区(1.9キロメートル –約 5分間) →国定古跡嘉義城隍廟(じょうこうびょう)(3.0キロメートル –約 16分間) → 行嘉吊り橋(3.7キロメートル –約14分間) → 嘉油鉄馬道(自転車道路)(無)

 ◎射日塔 → 蘭潭風景区 → 嘉大昆虫館、禾康園 → 用餐 → 嘉邑城隍廟(じょうこうびょう) → 行嘉吊り橋 → 嘉油鉄馬道(自転車道路)


◎【射日塔】は最も代表的な嘉義市の新しいランドマークで、嘉義公園では民衆は見上げるだけ、大型の香港蘭が見えて、青空に輝いています。香港蘭は嘉義の市の花とされ、こうして射日塔により照らされ、十分に嘉義の市の花の美を表します。

◎「行嘉吊り橋」という名から見れば、嘉義を通す一つの吊り橋を意味し、2007年に中国、台湾の学童の便利のために住民たちの通学や往来に台湾の有名な何明德慈善団体より寄付して建設を手配し興安里と興村里を繋げる吊り橋を建てました。

 ◎嘉油鉄馬道(自転車道路)はアイドリングした中油旧鉄道の修築を利用し、嘉義市世賢路四段の中油工場エリアの隣を起点とし、美源、光路、湖內などの三つの里を経て、また嘉義水上鄉三和、下寮、回歸などの三つの村を通過します。北回帰線駅天文広場に到着し、全距離3500メートルです。自転車専用道路及び景観緑の歩道回廊を計画し、嘉義市のレジャーと観光資源を増やします。



二日遊

一泊二日の遊び

都の森の魔法の旅の古跡巡り~在嘉にご利益があり、嘉潭に来て心の話

一日目

 嘉義市カルチャークリエティブ産業園区 (嘉義古ワイナリー)(1.7キロメートル –約5分間) → 北門驛(160メートル–約1分間) → 檜意森活村(500メートル –約2分間) → 阿里山森林鉄道車庫園区 (200メートル –約1分間) → パワールーム木彫り作品展示館 (500メートル –約2分間) → 森の唄 (500mメートル –約2分間) →嘉義市立博物館(100メートル – 約1分間) → 交趾陶芸館(1.3キロメートル –約4分間) → 獄政博物館(嘉義旧監獄)(1.7キロメートル –約5分間) →文化路夜市 (無し)


二日目

百年嘉義公園(550メートル –約2分間) → 嘉義樹木園(1.1キロメートル– 約4分間) →九華山地蔵庵 (1.0キロメートル –約5分間) →国定古跡嘉義城隍廟(じょうこうびょう)(2.9キロメートル –約 9 分間) → 蘭潭風景区( 無)



◎幸せな嘉義と私

 ◎「嘉義カルチャークリエティブ産業園区 (嘉義古ワイナリー) → 北門驛 → 檜意森活村 → 阿里山森林鉄道嘉義車庫園区→ パワールーム木彫り作品展示館→ 森の唄→ 嘉義市立博物館→ 嘉義市交趾陶芸館 → 獄政博物館(嘉義古監獄) → 文化路夜市


◎嘉義カルチャークリエティブ産業園区 (嘉義古ワイナリー):嘉義鉄道駅の隣に位置する嘉義古ワイナリーは1916年に建てられ、台湾の最も

 早い高粱酒を生産するワイナリーで「白ワインのふるさと」という称号があります。嘉義ワイナリーは1982年に民雄工業区に移転し、移転して建設したあと、現在の建物を全て保ち、例えば、試験工場やボイラールーム、ハードウェア倉庫、酒の再処理工場、造り工場、包装工場、機械修理、木工室を含み、歴史的な建築で台湾酒造り産業の重要な文化資産とされています。


◎北門驛:日本統治時代に日本人は1899年に阿里山森林を発見し、埋蔵量が十分で80年間の木材伐採計画を実行できます。阿里山鉄道を敷くため、台湾の上等の檜や糸杉を日本と台湾の平地に神社を建てる同時に日本の関東や関西、九州の造船業に提供します。木材搬送の鉄道終点駅は嘉義の北門を設け、日本人がステーションを駅と呼び、故にこの木造り駅を北門驛と呼び、この駅は百年近い歴史を持地、阿里山森林鉄道沿線の僅か三つ残った和風木造り駅の一つで非常に珍しいです。


◎檜意森活村:阿里山森林鉄道の起点駅は本市の北門驛で、嘉義市は阿里山の入り口となり、早期に阿里山森林鉄道により木材を搬送し、嘉義市に集めて、北門驛の周辺の木材屋及び周邊木材行及木材工場の商売繁盛を促進し、当時の繁栄な光景を成し、また周りに商業発展を促します。当時に周りの建物である和風家屋の建築材料は全て檜を採用し、それは和風建築の大きな特色となります。それも阿里山林業の発展の歴史の証しとなります。この和風家屋の建物を活性化するために特別に「檜意森活村」を創り上げ、6大テーマエリアー林業資料館、農業ブティック館、スペシャル商店、檜町原宿、木材芸術、美術の芸文などを含みます。林業の歴史を認識するほか、精緻な木工産業の美を体験しながら、阿里山林業の文化を発揚します。


◎阿里山森林鉄道嘉義車庫園区:大型列車は大型電車の生態博物館のように近い距離で何台の退役した蒸気機関車、ディーゼル機関車、パワーバス、乗客用バン、蒸気機関車頭出しの方向を転換する円形ターンテーブルに触れて鉄道ファンとして絶対に見逃せない列車宝物庫です。

◎パワールームの木彫り作品展示館:前身は嘉義市の最も早い火力発電所で、また嘉義市の初めての鉄筋コンクリート(SRC)構造の建築で1913年竣工しました。早期に神式の建築技術で建造してまれな高い天井の大スパン構造の建築で、現在はこの歴史的な建物をリフォームして木彫り展示空間として利用します。


◎森の唄:嘉義市の林業嘉義市林業回廊の新しいランドマーク-森の唄、林務局が提供した木材やレール、木藤、石材などの材料で制作され、嘉義に「木材の都」という繁盛な光景を再現します。設計のイメージとしては空に聳える神様の木と阿里山鉄道レールをテーマにし、幽静な心の塔を作り上げます。ストリップ木材で囲まれるテーマとして、神様の木は極めて高い峰を持ち、空にそびえて、大量の梱包された木材は高い塔の形状に積み重ねられていて、嘉義の輝かしい林業の光景が反映されています。銅材で編まれた丸いドームは空の雲を帯びて、民衆に太陽や月を見上げる機会を与えます。藤材編み通り道を利用してこの出入り道を介し、山の穴の仙境を貫通する感じがあります。底部のスチールフレームの石かごで囲まれていて、山林の土壌との綿密に繋がる生態的関係で平地と森林の特別な環境を引き立てます。

 ◎嘉義市立博物館:多機能の総合的博物館で、建物本体は地下一階で、地上三階です。1階-地質ホール、特別展示区;2階-化石ホール、交趾陶芸特別展示、石猴特別展示区;3階-美術ホール、陳澄波紀念区、嘉義芸術的空間です。展示内容には嘉義の「地質、化石、美術」という3大テーマが含まれています。地質ホールは嘉義が北回帰線に位置する科学的定義とドリフト変化を探求し、また関連の山脈と地震を紹介します。化石ホールには主に嘉義に出土された生物化石が展示されます。美術ホールは画家である陳澄波紀念区を展示し、当代の各芸術的テーマの展示を行い、完全に嘉義市の地元の自然景色と人文的芸術などの特徴的な文化を呈します。


◎嘉義市交趾陶芸館:嘉義市は交趾陶土のふるさとで日本では「嘉義焼き」と称されていて、その館では六つの展示区があり、またファイティングワール、子供の創作区、陶芸教室などを設けて、完全的に交趾陶土の由縁や装飾シーン、伝統的なテーマを紹介し、十分に交趾陶芸の成形の美、釉薬の美、題材の美を呈します。

◎獄政博物館(嘉義古監獄):現在は台湾法務部より獄政博物館を設け、監獄の完全的な建物群を保存し、また単一タイプの建築物の発展史の研究価値が高く持っています。とりわけ刑務所ビルの空間の位置は放射線状の扇形設計を取り、世界唯一の現存するペンフォディアン刑務所の構造であり、囚人の脱出防止や管理の利便性を果たしたほか、通気性や照明度、水気防止、エアパトロールなどの需要を満たし、また刑務所施設、コンソール、行政エリアはほぼ本来の外観を保ち、ドアや窓、壁板材は大部分では阿里山の檜を利用し、特別に堅固性、耐用性、脱出防止性などのプロフェショナル施工を加え、台湾の監獄の歴史と建築の意味では非常に貴重なことです。


◎文化路の夜市:嘉義市中心に位置し、道に沿って色々商店や屋台があり、例えば鶏肉のご飯料理、魚の頭のキャセロール、お米ケーキの切れスープ、台湾風おこわ、うなぎソテーの麺料理、豆腐プリンスープなど、しかも多くの嘉義の有名な美食とお土産はこの近くにあり、嘉義の中で最も繁華街であり、最も重要な飲食や買い物商圏で、またその夜市は台湾交通部観光局の2010年十大の特徴的な夜市に入選され、買い物や美食を堪能する同時に中央噴水池に色鮮やかなスプリングを鑑賞でき、また文化的かつ芸術的雰囲気に富んだ文化公園に休むことができます。


二日目

◎百年嘉義公園:面積は約26800平方メートルあり、園内には古い木は高く空にそびえていて、涼亭と水上のパビリオン、仮山や魚の池、幽静で曲がった小径、優雅な風景が見えます。公園には史跡資料館、射日塔、孔子廟、福康安記念碑、震災記念碑、国宝級阿里山森林鉄道古蒸気機関車頭出しなどの史跡があり、民衆のレジャータイムにいい場所であり、また百年嘉義公園には豊富で珍しい文化歴史の宝物があり、また多民族、多王朝の文化的の特徴があり、思う存分に快く遊ぶことができます。。また公園の北東側にある林業、農業の試験支所には多くの熱帯植物を植えていて濃い陰で暑さを避けて、風に揺れる緑の葉はついでに遊びに来る価値があります。

◎嘉義樹木園:明治41年(1908年)の植物園に設置し、面積は8.6ヘクタールあり,嘉義公園北東側に位置し、本来はゴムの木苗の生産と試験地でありその後熱帯換金作物樹種の植栽実験区と変更し、もともとは熱帯換金作物樹種の植栽実験地であり、その後、母樹園の形式で経営し、行政院農業委員会林業実験所に属しています。現在、園内に植栽された樹木は140種類あり、それぞれ47科107属にあり、人文的な特徴のある植物であり、例えば著名な西インド諸島マホガニーやオーストラリアとニューギニアに産するマツ、プライ、パラゴムノキなどがあります。百年歳月を経て、園区には高い木々はまっすぐと林立していて、自然地味の中で森林の幽静な雰囲気を呈し、実に嘉義市区では重要なレジャー緑地です。

◎嘉義市九華地蔵王庵:九華山地蔵庵の旧名は「嘉邑北獄殿地蔵王-九華山地蔵庵」です。九華山地蔵王菩薩金像は明代末にある善人より台湾に持ってきて、康煕 36 年(1697)、現在の場所に奉じ、今まで既に三百年あまりを経ました。康煕56年(1717)北路守備者游崇功は庵を建て、乾隆25年(1760)知県李倓より拡充し、初めてやや規模を持ち、その後、多くの修築を経て、民国60年(1971年)に7層蓮の花の宝殿を建て直します。

◎嘉義市城隍廟(じょうこうびょう):城隍は城隍神という別称があり、地方の守護髪を象徴します。城隍廟(じょうこうびょう)は嘉義市民たちの信仰の中心となります。古から民衆と深く関わっていて、参拝者は相次いで絶えません。城隍廟(じょうこうびょう)は康煕54年(西暦1715年)に建造され、雍正10年(西暦1732年)に修築しました。乾隆29年、廟の外観は既にボロボロになって崩壊する恐れがあるため、新任の県知事である張所受は修築命令を下しました。現在、城隍廟(じょうこうびょう)は泉州渓底派師匠 王錦木は主に建て直しに務め、富麗な建築物、尊いレイアウトを設け、木彫り芸術の表現では非常に特徴的で参拝殿の八卦藻井、正殿のエントレンス、次の間に張り出し棚の支柱を見て、全てはほぞ継ぎ手から構成され、釘や鉄片を使うことなく、神の手を持つ巧みのある工法が見えます。城隍廟(じょうこうびょう)では清朝統治時代に残った碑や銘板、額板の10点あまりを保存していて、かなり貴重な物で、台湾城隍廟(じょうこうびょう)の中で唯一皇帝から賜った額板「台洋のご利益」と書いてあり太子の太保王は俸給を得て、「広い道理の教え」という額板を贈与し、知県 張所受は「城隍廟(じょうこうびょう)の建て直し」碑を立て、知県の范学恒は参拝の光の資金を集めるために碑を立て、また晉江 龔道南は大そろばんを寄付し、知県の王廷幹は陰霊堂を構築するために碑を立てます。教員の蘇鳳藻は「心の濯ぎの威名」という額板を寄付し、また台澎総督 高元率 の武官 周立得などから「暴力除去・善良の慰め」という額板など集計して11点があり、かなり貴重なものです。

◎蘭潭風景区:嘉義市の東部に位置し、,蘭潭の潭水は澄み切って底まで見えます。四面から小山や丘陵が帰伏していて、湖に綺麗な山の姿が映っていて、潭水がぼんやりとした月光に合うと、あたか潭水は詩や絵の如くのような景色を呈しいて、故に「蘭潭に浮かぶ月」という美称があり、嘉義の八景の一つとされています。沿岸の環湖道路は湖を巡ると、観景ビルが眺められ、屋上に立てると、蘭潭を鳥瞰できます。その中、蘭潭泛月広場の隣に位置する「月の影と潭の心」について、この作品はアルミ片で編まれた中空系構造テーマで月光の下で光と陰は幻想的な雰囲気になって、独特な美しい姿はまるで鳥の巣を潭水の水面に築かれたように周囲の樹木群れと鳥と呼応し、自然と野生の趣の気分に満ちています。「月の影と潭の心」を設計テーマ宇土市、「月の影」を「月に乗るように」という美景を意味し、「潭の心」を湖の波紋とし、「心からの会話」を意味して、潭を遊ぶ趣や蘭潭の「月、水、潭遊び」の光景のイメージを伝えています。陶土製の底部にある丸潭の水滴は絶えない水源を彷彿させます。カラフルな幻を連想できます。真ん中の鳥の巣の上部は桃のように見えて、嘉義市の「桃城」という古い名を象徴し、側部の木の中の巣は七面鳥のしっぽのように立っていて、地元に有名な「七面鳥肉を連想します。造形としても嘉義市の人文的と観光的な特徴が入っています。

◎嘉大昆虫博物館:博物館の屋根には、特殊な半透明のドームが設計され、その館内に全天候の蝶々鑑賞スペースを作り上げ、半球形構造のガラス温室ハウスを作り、毎日飼育室から新しく羽化した蝶々を出させ、温室ハウスの蝶々の数量はピーク状態に達しています。参観者に新たな体験を提供し、鑑賞する価値があります。嘉大昆虫博物館には、台湾の昆虫標本ゾーン、保育類昆虫モデル展示ゾーン、水生昆虫展示ゾーン、資源昆虫展示ゾーン、世界珍奇な昆虫生体展示ゾーンという六つの専門展示ゾーンがあります。なお、世界初の回転カラーバタフライ柱と大型温室ハウスを設け、かなり特徴的です。

 ◎嘉大植物園:本館の半円形の球形温室ハウスは原生の森、渓流と沿岸のイメージの植物の群れのアピールを展示し、温室ハウスの周辺の景観は台湾に重要な樹木標本園があり、また、恆春、蘭嶼の植物区及び水生生態系プールの植物区、乾性植物区などのテーマエリアを設けています。温室ハウスにまだ岩山模造を設置した滝の植物園があり、8メートルの高さの岩壁に沿って上から滝が流れてきて、その水気はちょうど岩壁にある蘭の花とシダ植物の成長に必要な湿りっぽい環境を提供し、自然生態系を形成します。

共有する:
前のページ 次のページ