すべての分類

嘉義観光トラベルサイト - すべての分類
嘉義城隍廟
嘉義城隍廟
嘉義城隍廟
嘉義城隍廟
三宜百年養蜂世家

三宜百年養蜂世家

ミツバチと歩んだ 100 年 1915 年| 林先塗さんが「直養蜂場」を成立しました。 1940 年| 林宜鐘さんが日本の大手養蜂会社に赴き、養蜂技術と器具の製造技術を習得。 1950 年| 林宜鐘さんが台湾に帰って三兄弟の中で、名前の中の「宜」で「三宜養蜂場」 を成立しました。 2015 年| 皇鶴貿易有限公司が嘉義市「檜意森活村」で進駐しました。 2018 年|にミツバチと自然環境についての漫画本を発行。 全国各地の養蜂場から数多くの蜂蜜を集め販売しております。当然一つ一つ味も、香 りも、ミツバチが集める花の種類によって異なります。これからも質の高い蜂蜜を多くの 方々にご愛用頂けるよう、努めて参りますので宜しくお願いいたします。

劉里長七面鳥肉飯(チーロウファン)

劉里長七面鳥肉飯(チーロウファン)

地元で40年の歴史を持てる老舗劉里長七面鳥肉飯(チーロウファン)は,細く裂い た鶏絲飯とスライスした鶏片飯2種類に分け、新鮮な七面鳥の肉を使い、前日に煮込んで 一晩寝かせたから肉汁とソースの旨味を閉じ込める、油ネギをご飯にのせ、特製の豚油と 鳥スープタレををかけたもの、日本の旅行情報誌に掲載され、千葉テレビと岡山テレビに も紹介され、嘉義に来て絶対見逃さない一品である。

林聰明沙鍋魚頭

林聰明沙鍋魚頭

店主の林さんは起業して以来、心を込めて料理を作っています。臺湾の南で は伝統的 な特色は大きな鍋で煮たスープと厳選した食材です。新鮮な食材を使 われている美味しい 沙鍋魚頭になりました。嘉義で人気がある店だけではなく、さらに国際のメディアが台灣 に来て、店の情報をインタビューしました。この 店もアメリカのプログラム NETFLIX、日 本の NHK にインタビューされました。シンガポール、韓國、香港などのメディアでも店 を紹介しました。国内の各メディア、テレビ局のグ ルメ番組を紹介してくれました。旅行 雑誌もインタビューされました。故郷の味の沙鍋魚頭を臺湾各地に伝えたいです。国内外 の常連客の好評で、美味しくて有名な林聰明沙鍋魚頭は嘉義で奇跡を作りました。 

臺湾タイル博物館

臺湾タイル博物館

臺湾タイル博物館の建物は、日本統治時代、阿里山林業の木材店として最大であった もので、現在も阿里山列車がその後方を走っています。博物館に入ると、壁一面のマジョ リカタイルに圧倒されます。このマジョリカタイルは日本由来のものではありますが、百 年もの時を経て、臺湾の赤レンガ建築と融合し、臺湾独自のタイル文化を形成しています。 日本経済新聞も『タイルー日臺融合のしるし』として記事を書いています。 百年前の日本の精緻な工芸品でありながら、日本では容易に見つけることのできない マジョリカタイルが、ここでは 5 千枚以上失われることなく修復・保存されており、その ものに触れることで、日臺文化融合の美しさを感じることができます。是非、百年前に途 絶えてしまったマジョリカタイルを自分の手で作り、日本にお持ち帰りください。

月桃故事館

月桃故事館

民国40年代(1951年)、月桃は一本丸ごと使うことが出来、葉っぱは粽と食材を包め。 葉鞘は縄の材料になるし、花は食品の香料として作ることがあって、種のまたの名はガラ ンガル果実と呼ばれ、仁丹作りの主な原料となる。根は食品の香料や漢方薬などとして作 ることができる。月桃は一つ丸ごと利用される価値が創造されていて、まるで私達臺湾人 みたいに根ざしている、聡明勤勉に知恵を持てる。 科学技術の進歩に伴い、華実会社は 30 年以上にわたり日用品やスキンケア製品の開 発能力を蓄積し、超臨界、水抽出と 10,000 クラスのクリーンルーム製造用の研究開発設 備に投資してきた。月桃シリーズ製品の開発と色んなローカル特色植物の製品を応用、且 つ国民がこれらの特色植物の生態系の物語を理解できるように進め、革新的な経済を生活 に導入し、健康で持続可能で幸せな生活様式を確立するために、月桃物語館が生また。

「愛木村」は 1961 年代に、嘉義に設立したヒノキの製材工場である

「愛木村」は 1961 年代に、嘉義に設立したヒノキの製材工場である

「愛木村」は 1961 年代に、嘉義に設立したヒノキの製材工場である。かつては台湾 の経済を支えた木材業なので、当時は非常に栄えていたところが、不景気な時代も過ごし て来て、50 年の歳月を経て、世の中の景気は関係無くただひたすら目の前の仕事に一生 懸命汗水流すだけの日々だった。この土地を愛し、木の持つ自然のぬくもりを感じ、自然 に関わる仕事に心を込めて、使命を負う。時間と熱意を込め、木のある生活をみんなのた めに作って行こうと頑張る。