嘉義観光トラベルサイト

卓武珈琲

民国90年(西暦2001年)、許定燁の父親許峻栄は突然自家の茶葉生産を終わらして、阿里山の南端最も険しい卓武山でコーヒー樹を栽培し始めた。始めはコーヒー豆知識に対して十分な知識が無く、完全なコーヒー素人でした、五年の甘くて苦い、幸運や逆境の研究開発や模索を経験し、農場管理から、豆の採取、焙煎、許峻栄は全ての細部全部自分でやらないと気がすまない、品質を確保するため、老眼鏡かけてコーヒー豆を一粒ずつ選別します、毎日毎晩の作業、やっと「国産製品珈琲豆評価」全国一等賞として選ばれた、この一連の赤宝石を卓武山農場の代表作に変えました。

父親のこの五年間の苦労を思いながら、許定燁曰く:「あの時は2年の在庫がたまり、700キロの豆が売れませんでした。」民国96年(2007年)、自家製のコーヒー豆を広めたいため、許定燁は嘉義市内で店を開きました、店名は「卓武珈琲」と言います、店内は自家製コーヒー豆飲料を販売する以外、時間が経つにつれて、デザート、朝食や昼飯、コーヒー醸造機器、コーヒーギフトなどの幅広い品目が徐々に追加されました。

「全国一等賞珈琲」の名誉が有っても、許定燁は店内のコーヒー品質について決して怠惰にならず、店内のコーヒーを厳しくチェックするためにも、日々の精進を継続すべき、国内外コーヒー関連の認証を取得、時代の流れに応じて革新な「窒素コーヒー」と「窒素紅茶」を導入、液体窒素を注入したコーヒーと紅茶、表面では綿密繊細な泡が作られ、口に入るための甘さに豊かな味を添えます。

卓武珈琲の中では、多分美しく輝く華麗なインテリアとファショナップルな雰囲気は見る事はできない、しかし私は常に許定燁の体と壁に貼ってある一枚ずつの卓武山珈琲の報道と写真から、台湾地元農民の温潤と満足をしていることを感じ取れます、彼らの靭性や剛毅にどんな困難にも負けず精神が充満し、コーヒーの中に溶け込んだ素朴に飾りのない味わいは、一口一口確実に存在する生活態度です。

関連リンク :
住所: 嘉義市西区民生北路194号
電話番号: (05)222-5896
営業時間: 月曜日 ~ 金曜日 08:00–17:00
共有する:
画像エピソード
地図の位置
前のページ 次のページ