嘉義観光トラベルサイト

活泉人文茶館

檜と茶水乳溶け合う、活泉にて共に舞う。(由来:公式FBウェブサイト)近年嘉義市「檜意森活村」の躍進、より多くの観光客が小さい都市のスローライフと悠然な生活歩調を体験するのを率いて動かした。活泉人文茶坊は檜意森活村の入り口の場所にあります、その位置は静かな蓮池の景色を持っています。

大同技術学院茶文化と事業経営課程の方教授から成立した活泉人文茶坊は、檜意森活村に入り既に3年あまり、国内外の旅客が落ち着いて台湾高山茶の甘みを楽しめられる、東方茶の美と茶文化を広める空間を提供したいとの思いです。2014年から2016年の間、活泉人文は続々と外国VIPを招き、千百年の茶の歴史を壺ずつに温かいお茶となり、VIPに活泉人文のお茶の温度を感じさせたいです。

活泉人文茶坊に踏み入れると、あらゆる種類の絶妙な茶器や陶器製品は、それぞれの場所で優しくてしっかりと置かれています、まるでこの世と隔離した君子みたい、少しの埃もつかずの状況。視線が檜の窓格子を超えると、美しく独創的な蓮池景色は不安な時間の歩調を結露した、お客様は思わず窓辺の木製テーブルに落ち着かせられ、高山茶と余暇が伴った時間を楽しむ。

活泉「恋茶食尚」シリーズ茶菓子は、手作りの愛情バラタワー、幸福レインボークッキーとロマン豆花茶を提供します。店内の茶の搗き砕く体験は、自分で単品のお茶を選んだ後、客家擂茶に類似した手法、木棒で陶器製の鉢の中の茶葉を粉状にします、茶の香りがほんのりと舞い上がる、続いて搗き終えた茶粉を壺の中に淹れ、自家製冷たいお茶は完成です、これに幸福レインボークッキーと合わせれば、小さな茶藝体験は自分の午後に美しい一章を書きおろすでしょう。

この安く欲しいければ手に入るハンドシェック茶の時代、多くの人は徐々に台湾茶葉の美しさを忘れ、まだ独自の方法を使用している多くの茶愛好家がいます、堅く温かく台湾茶文化を守り、活泉人文と大同技術学院文化と事業経営学位課程は産業学術提携を行い、引き続きに台湾茶の貴重さを広めて行きます。

関連リンク :
住所: 嘉義市東区共和路199巷4号
電話番号: (05)271-2159
営業時間: 月曜日 ~ 日曜日 10:00–18:00
共有する:
画像エピソード
地図の位置
前のページ 次のページ