すべての分類

嘉義観光トラベルサイト

お気に入りに追加

25歳の時台北で就職中の黄逸蓁は、「心痛むコーヒーショップの歌」の本を読んだ後、一軒のコーヒーショップを開く夢はこのように芽生えた。15年の職場生涯を歩いた後、40歳の時に嘉義市の中正路で夢が達成した。これが25×40芸文空間の二つの数字の由来。25×40芸文空間に踏み入れると檜木古い家は彼らの60年以上の歴史を語ります、これも黄逸蓁が見た瞬間にこの古い家を借りることと決定、そして三ヶ月かけて修繕した原因、天井高仕切りのない構造、まるで両手を開き如何なるお客様の突然の訪問も歓迎するようでした。店内が提供するのは不定期の展示と販売の文創作品、これは逸蓁が研究生の勉強の時に、文化創造商品の研究の時に文芸或いは手作りの人々に展示するチャンスが少ないと感じ、そのため一つの場所を提供することにより、彼らの商品が広められるようにしたいと願うこと。実体商品の展示販売のほか、逸蓁も自身で各種芸文活動を企画、常に全国知名の方を店の講演会、工坊、音楽会に招き、このような活動促進により、嘉義市の芸文交流が活性化となる。店舗の檜木古い家は昔となりと壁が繋がり、施工者曰く家が使っている檜は阿里山の高級木材に属し、この家の昔の持ち主は権力或いは経済地位の方とは否めない。時代の更迭を経て、今この家はもはやその名利をおろし、逸蓁に出会ってから、嘉義市最初に開放された芸文空間となり、誠実に心中に芸文の花弁を持つ方々をここへ招き、互いの美しい夢を共に分かち合う。

1809
お気に入りに追加

「私は古蹟、歴史文化の保存と文芸鑑賞は非常に興味を持ちます」、「旧時光新鮮事」のCEO張嘉秀は、初めから何故70年の古い家を修復するのを説明した、領域を跨ぐ一軒のレストランの経営、「しかし私達はただ古い家の歴史感を残すだけでなく、同時に時代の脈動について前進するべきです」、彼女は更に店名に「新鮮事」を入れた理由を補充説明した。CEO張嘉秀は経営に対してかなり自分の考え方を持っています、地元食材を料理の中に入れ、そして地元の特色元素を内部空間インテリアのテーマにし、それは、お客様が食べて健康だけでなく、同時に嘉義の景観と人文の美しさを観賞することも出来ます。例えば、1階から2階までの天井板は、芸術家盧銘世が描いた阿里山の星空、銀河系の全てを見ることが出来ます。民雄の古い名前「打猫」の概念を使い、店内の調度品や工夫の多くは猫に関します。看護の背景が有る彼女は2階建ての古い家の空間を徹底して余すところがないように発揮した、1階をレストランにし、2階は日本式木造の本来の風味を保持するだけでなく、新たに多くのインスタレーションを取り付け、新しいソーシャルネットワーク・チェッツクポイントとなりました。2階は特別に「足湯」の空間を設置、台湾の足ケアの観念をより多く広めたいと願っています。空間の創造と運用では多くの創意を取り入れるだけではなく、料理の部分もひけを取らない、何度の研究開発により改良した「フラワーカップ -持ち歩く食事」は、また、低炭素で環境に配慮した意図に焦点を当てています。花の形を作るためのビスケットベースの使用は、食事の容器として役立ち、地元の食材を使った料理は、更に多くの古き懐かしい味の要素を加えています。彼女が環境保護の執行について、これほど献身的と感心している間、CEO張嘉秀は忘れずに最近黄金チーズ熔岩をかけた「子豚拍手励ます定食」は、最近店内最も売上が良かった料理と補充説明した、それは豚油をご飯に混ぜた後の甘い後味以外、更に視覚的衝撃の驚きがあります。「旬の食材を食し、地元の食材を使用」これはCEO張嘉秀ずっと堅く守って来た決心と信念です、次回来られた時、是非一緒に古い家の懐かしい時間を顧みて、空間営造の創意を体験しようぜ!

1353
お気に入りに追加

 フランス籍の芸術家Toph Chevanceは ル シャノワール(Le Chat Noir )黒猫ちゃんフランス料理レストランは絵画展、それぞれ芸文イベント、フランス料理、葡萄酒の台仏文化交流を開催します。嘉義市林森東路518号(05)2775502,0932125244

1494
お気に入りに追加

百年近いの歴史を誇り、霧峰林家、台湾城の建造者の吳鸞旂総理、数千名のビジネス業者、大金持ちは珍奇な花柄レンガで門扉を装飾し、家族の冨貴栄華を強調します。台湾には世界級に溢れた珍奇な花柄レンガ文化を有します。 都市化の更新の中で高騰した土地価格でこれらの千軒以上の花柄レンガの古屋を逐一に取り外します。私たちはサラリーマン族から構成した花柄レンガのボランティアで、20年間の歳月と貯金を使って、静かに台湾の数千枚以上の百年の歴史のある花柄レンガを保存し、メンテナンスセンターを成立し、この土地のため、完全なデーターベースを構築し、後代に珍しい映像記録を残し、保存するだけではなく、無償で珍奇な花柄レンガを提供し、台湾の古屋の修復作業を支援し続けます。水~日曜日 一般参観,時間10:00~12:00 , 2:00~5:00清潔費は50台湾ドルを消費金額に充当可能。旧暦新年2/17~2/20 の時にも通常営業 

1305
お気に入りに追加

従来の嘉木居秉持著還原的理念在修理每一個環節,面對腐爛的木造架構我們除了採用同類型的木料更換外,並使傳統的榫接工法修理每一支腐爛樑柱,並於部份原本已呈鬆脫,但仍可使用的結構上做了穩定性加強除現木造房屋有的工藝之美,更兼具了安全性。目標為整修地方特色建築後,再加以整合嘉義文創工作者、 藝術創作者及收藏 家,提供創作及收藏品之展示平台,使民眾與創作 者可直接互動籍由認識展示平台,亦可開設相關教學課程並借由專用之資訊平台推廣嘉義在地文創產業。  修繕の過程の中で還元の理念に基づいて修理のそれぞれの流れにて生かされ、腐った木造構造に対し、同じ類型の木材で交換するほか、ジョグルジョイント工法を用いてそれぞれ腐った柱梁を修理し、一部緩めた、まだ使用できる構造には安定性を加えて、原木の木造家屋の工芸の美を強化し、安全性を兼ねています。 目標としては地域の特色のある建築を修築し、また嘉義クリエティブカルチャー仕事人、芸術創作者、収集家を統合し、創作と収蔵品の展示プラットフォームを提供し、民衆と創作者と直接に交流して展示プラットフォームを認識し、関連コースを開催し、専用情報プラットフォームを借りて嘉義地元のクリエティブカルチャー産業を推進します。

1830
お気に入りに追加

 一つのプラットホームやスペースの構築により台湾の人々に嘉義の飲食文化を認識し、この263号場所を修繕する考えを生み出しました。既存構造を保ちながら、修繕を行います。古屋の魅力的な古パーツを活用し、芸術的雰囲気を作り出し、また親しみを生じた地元のスモールギャラリーを作り上げ、「PANdora263.ART」ギャラリーの雛形は誕生しました。

1398