嘉義観光トラベルサイト

森の歌

嘉義市林業廊帯の新ランドマーク森林之歌は、芸術家王文志さんの作品です。林務局から提供された木材、レール、トウ、石材などの素材で「木材之都」嘉義の繁栄を再現しています。

デザインイメージは高く聳えた神木と阿里山機関車鉄道レールをテーマにし、一つ閑静とした心霊の高塔の場所を作り上げた。細長い木材が本体を囲み、まるで数多くの神木が絡み合って、雲を抱擁しているかのように。大量に結ばれた木の段層が高い塔の形を畳上げ、嘉義の華麗な林業光景を喚呼します。銅材が丸くなっている最上部を編み上げ、人々が太陽や月を見上げられるように、天の際の雲を露出させました。籐の材料で道を編み、これを使って本体に出入りします、まるで洞窟を横切るかのような悟りを得た境地。底の部分は鉄骨で蛇籠を取り囲み、山林土壌との密接な生態が平坦な森に特別な環境を引き出す。

電話番号: (05)225-4321
営業時間: 24時間
共有する:
画像エピソード
地図の位置
前のページ 次のページ