嘉義観光トラベルサイト

25×40芸文空間

25歳の時台北で就職中の黄逸蓁は、「心痛むコーヒーショップの歌」の本を読んだ後、一軒のコーヒーショップを開く夢はこのように芽生えた。15年の職場生涯を歩いた後、40歳の時に嘉義市の中正路で夢が達成した。これが25×40芸文空間の二つの数字の由来。

25×40芸文空間に踏み入れると檜木古い家は彼らの60年以上の歴史を語ります、これも黄逸蓁が見た瞬間にこの古い家を借りることと決定、そして三ヶ月かけて修繕した原因、天井高仕切りのない構造、まるで両手を開き如何なるお客様の突然の訪問も歓迎するようでした。店内が提供するのは不定期の展示と販売の文創作品、これは逸蓁が研究生の勉強の時に、文化創造商品の研究の時に文芸或いは手作りの人々に展示するチャンスが少ないと感じ、そのため一つの場所を提供することにより、彼らの商品が広められるようにしたいと願うこと。実体商品の展示販売のほか、逸蓁も自身で各種芸文活動を企画、常に全国知名の方を店の講演会、工坊、音楽会に招き、このような活動促進により、嘉義市の芸文交流が活性化となる。

店舗の檜木古い家は昔となりと壁が繋がり、施工者曰く家が使っている檜は阿里山の高級木材に属し、この家の昔の持ち主は権力或いは経済地位の方とは否めない。時代の更迭を経て、今この家はもはやその名利をおろし、逸蓁に出会ってから、嘉義市最初に開放された芸文空間となり、誠実に心中に芸文の花弁を持つ方々をここへ招き、互いの美しい夢を共に分かち合う。

関連リンク :
住所: 嘉義市西区中正路554号
電話番号: 0905-188-033
営業時間: 金曜日~日曜日 13:30–21:00 水曜日、木曜日定休日
共有する:
画像エピソード
地図の位置
前のページ 次のページ