嘉義観光トラベルサイト

Casa Lounge Bar

嘉義市が夜の懐に入った時、華やかな光が付き、店長施義哲(小毛)は大雅路に位置するCasa Lounge Barの玄関を開き、店内の赤オレンジ色の壁はバーを暖かい空間に仕上げた、それは夜に一杯飲みたい如何なる魂も迎えます。


Casa Lounge Barの前、小毛は車修理サービス、車営業をやりました、10年近く他の市や県で頑張りました、後考えたら、如何なることでも故郷の家族の方が重要そして大事にしないと、それなら嘉義に戻る方が良いだろう。「あの時この店はちょうど閉店しようとした、それなら投資して店を譲ってもらう、誰も知る由もなく自分がやることとなった。」小毛は笑いながら言った、開店後の2年は重いプレッシャーのため、追い込まれた状況で三日しか休めなかった、やっと3年目に経営も軌道に乗り、小毛も月に1日の休みに増やし、県外のバーへ行き、彼らの優れた点について学習。

Casaは嘉義市で少数なカクテルを専売にしたバー、と小毛は感じます、店内のカクテルを嘉義の物語を語るようにするのも彼の課題となった。自分の茶農の友達が提供した茶葉を使い、自分のカクテルに高々とそびえている阿里山の風味を含ませる。嘉義地元のパイナップルを選び、カクテルの中の甘酸っぱい味を増やした。バーの向こう側に形色々、色鮮やかなアルコルの瓶缶をいっぱい置き、小毛の自由奔放な想像力に任せて、一杯一杯豊かな杜康(酒造りの神様)に造り上げる。

Casaが人沢山の時は、一晩は80杯近くのカクテルが出ます、全て小毛自ら造り、お客様に渡し、どんなに忙しくでも、全てのお客様の心情と需求を観察するのも忘れず、出来れば全てのお客様がこの空間で自分の酒を飲む量の出口が見つかりますようと願っています・

関連リンク :
住所: 嘉義市東区大雅路2段512号
電話番号: 0922-882-673
営業時間: 月曜日~ 日曜日 19:00–01:00
共有する:
画像エピソード
地図の位置
前のページ 次のページ