旧時光新鮮事

嘉義観光トラベルサイト

旧時光新鮮事

「私は古蹟、歴史文化の保存と文芸鑑賞は非常に興味を持ちます」、「旧時光新鮮事」のCEO張嘉秀は、初めから何故70年の古い家を修復するのを説明した、領域を跨ぐ一軒のレストランの経営、「しかし私達はただ古い家の歴史感を残すだけでなく、同時に時代の脈動について前進するべきです」、彼女は更に店名に「新鮮事」を入れた理由を補充説明した。

CEO張嘉秀は経営に対してかなり自分の考え方を持っています、地元食材を料理の中に入れ、そして地元の特色元素を内部空間インテリアのテーマにし、それは、お客様が食べて健康だけでなく、同時に嘉義の景観と人文の美しさを観賞することも出来ます。例えば、1階から2階までの天井板は、芸術家盧銘世が描いた阿里山の星空、銀河系の全てを見ることが出来ます。民雄の古い名前「打猫」の概念を使い、店内の調度品や工夫の多くは猫に関します。

看護の背景が有る彼女は2階建ての古い家の空間を徹底して余すところがないように発揮した、1階をレストランにし、2階は日本式木造の本来の風味を保持するだけでなく、新たに多くのインスタレーションを取り付け、新しいソーシャルネットワーク・チェッツクポイントとなりました。2階は特別に「足湯」の空間を設置、台湾の足ケアの観念をより多く広めたいと願っています。

空間の創造と運用では多くの創意を取り入れるだけではなく、料理の部分もひけを取らない、何度の研究開発により改良した「フラワーカップ -持ち歩く食事」は、また、低炭素で環境に配慮した意図に焦点を当てています。花の形を作るためのビスケットベースの使用は、食事の容器として役立ち、地元の食材を使った料理は、更に多くの古き懐かしい味の要素を加えています。彼女が環境保護の執行について、これほど献身的と感心している間、CEO張嘉秀は忘れずに最近黄金チーズ熔岩をかけた「子豚拍手励ます定食」は、最近店内最も売上が良かった料理と補充説明した、それは豚油をご飯に混ぜた後の甘い後味以外、更に視覚的衝撃の驚きがあります。

「旬の食材を食し、地元の食材を使用」これはCEO張嘉秀ずっと堅く守って来た決心と信念です、次回来られた時、是非一緒に古い家の懐かしい時間を顧みて、空間営造の創意を体験しようぜ!

関連リンク :
住所: 嘉義市西区仁愛路494号
電話番号: 886-5-222-8101
営業時間: 月曜日 ~ 金曜日 11:30–14:00 17:30–21:00 土曜日、日曜日 11:00–21:00
共有する:
地図の位置
前のページ 次のページ