嘉義観光トラベルサイト

融合度珈琲館

慎重に探さないと簡単に通り過ぎてしまう中山路上の「融合度珈琲」、小さいなお店、そして外観も目立つ事なく、中に入ればすぐに情熱的なオーナーの挨拶とリラックスして自在なお客様達を感じとります。人から「二姉」と呼ばれているオーナー奥さん林珮瑜曰く、これがこのコーヒーショップが人に与えたいものです、家みたいな感じを作りたいです、まるで友達が一緒にいる雰囲気、そのためこのコーヒーショップのここから訪ねて来たお客様がこの「融合」雰囲気に溶け込まれるように、この人情味溢れる「温度」を感じ取る。

初期また加盟段階の時、訪ねて来た客層は小ファミリーが多く、今に至り自分のコーヒーショップを創った後、既に16年も立ち、客層は変わる事なく、「沢山のお客様は私達と供に歩いて来た」、「二姉」林珮瑜の目から感謝の意を表し、「だからコーヒーショップ依然と常連客をメインに、新規客は2、3割に過ぎず、しかし一度来れば常連客となるでしょう」、彼女はまた誇らしげに言った。確かに、店内のコーヒー豆はオーナー黃暐舜が慎重に選び焙煎した、スイーツと軽食は二姉自ら食材をチェックした後作り、何年も病院で働きました彼女はお客様が如何に食べて健康であることを確保すること、細かい所で努力惜しまずの彼ら、お客様が絶える事ないのは驚くことではありません。

お客様に応じてカスタム化することも有りますけど、しかし店内で最もお薦めの製品はハンドトリップコーヒーシリーズです、特に独自の飲料アイスドロップ嘉融、この誕生は映画KANOが元です、二姉は特別にこれのため名前を付けました、造形デザインもこれのためイメージを作り九つアイスドロップボールは9名の野球選手を代表、円形のコップは球場を代表、最後にミルクを入れることにより九つアイスドロップボールが融合し、これは9名の野球選手の心が一つとなる象徴です。

華麗な内装や精細なインテリアは無く、素朴且つ簡単な店舗販売のはただの珈琲、軽食、スイーツではない、更に多く見られるのは二姉が客の間の往来とお客様との日常会話の人情味です。次回近くまで来られた時、ここを一度お尋ねするのはいかがでしょうか、もしかしたら、常連客の一員になるかもよ!

関連リンク :
住所: 嘉義市東区中山路223号
電話番号: (05)224-5033
営業時間: 月曜日 ~ 週金曜日 08:00–20:30 土曜日 08:30–18:00 日曜日定休日
共有する:
画像エピソード
地図の位置
前のページ 次のページ