嘉義観光トラベルサイト

幸福原在珈琲

大きな火災で黄恵雪の家が焼却され、彼女は突然何もかも失いました。彼女の友人たちは彼女が立ち直ると生活に託すものがあるように、それならコーヒーショップを開くように提案した、これが彼女と珈琲の接触のきっかけとなった、キリスト教徒の彼女は信じている:これは神が彼女のために開いた別の窓です。 

「私はコーヒーがとても楽しいと思うし、徐々に遊びながら心得ていることもあります」、黄恵雪の言葉から彼女がコーヒーに対しての研究に凄く深い興味を持っている事がわかります。確かに彼女が最も自慢しているアイストリップコーヒーはこのような「遊び」から出来ました貴い器材を買うことが出来ず、そのため同じ原理の点滴容器を使い、異なった水滴の速度、水質との組み合わせを利用し、其々違った味わいアイストリップコーヒーを作り上げ、「更に店内手作り製作のバナナ・ブラウニー或いはパッションフルーツパウンドケーキは最大の楽しみの一つです」と黄恵雪は自信満々に言いました。アイストリップコーヒー以外、店内は主に「ハンドドリップコーヒー」を売り出しています、直接器具をお客様のテーブルの横で直にサービスを行う、且つお客様の好む濃度に合わせて、異なった手法でコーヒーの味を表現します。店内使用のコーヒー豆は自家焙煎です、これらは恵雪が選び抜いたものとなる。

黄恵雪はまた、嘉義最初のカップテスターです、コーヒーに対しての情熱と味覚の才能とともに、絶えず勉強、模索、謙虚に教えを求めの過程、五日連続のテストを僅か一回で受かりました、それは本当に得難いです、友人や家族に驚きをもたらすだけでなく、彼女がコーヒーショップを経営する意欲も強まった。


この無から有の過程は決して一気呵成ではなく、幾度の挫折や失敗で彼女の闘志を燃やし、彼女がお客様に与えた初心:嘉義でも専門、美味しいコーヒーが有ります。次回近くに来られた時、この物語の香りが充満したアイストリップを試してみてはいかがですか?

関連リンク :
住所: 嘉義市東区維新路135号
電話番号: (05)275-2737
営業時間: 日曜日 ~ 金曜日 10:30–20:00 土曜日定休日
共有する:
画像エピソード
地図の位置
前のページ 次のページ