桜花葉珈琲軽食

嘉義観光トラベルサイト

桜花葉珈琲軽食

台南生まれのChuehはある縁で桜花葉のオーナー娘Yvonneと知り合って、元の仕事を退職、嘉義市中山路366巷のこの静かな小道で桜花葉の店長となりました。

Chueh は飲食業出身ではないけど、しかし料理に対しての熱意と関心を持って、更に店内の新しい料理の研究のため、「嘉義地元食材の使用を堅く守り」の理念を以って、彼女は至る所で美味しい食材を探す旅へ踏み出す。東石へ新鮮そして甘く美味い牡蠣を探し、伝統市場へ濃厚な蜂蜜、油の製造場で香りが爽やかなゴマ油を試飲、駆けずり回った苦労は店へ帰っても終わらすことない、引き続きに大量の時間かけて、レシピの書籍を研究、料理番組を見てインスピレーションのヒントを探す、頭を絞り如何にこれらの美味の元を革新的な地元特色料理に仕上げる。これらの繰り返しとレシピ作りの奮戦の過程、一つずつ独創的でユニークな料理がテーブルに出します。鴨肉塩辛いパイ、東石牡蠣ソース麺、羊ミルクのカレースープ、嘉義紫サツマイモチーズ、ムースラテ、全ての料理は創意工夫と彼女が地元に対しての感情がいっぱい載せています。

レストランの庭に黙々と一本の桜の木が立っていました、明らかに、平地で生き残るのは難しい品種、しかし開業から今すでに一年ほどの時間でも揺るがすことなくレストランの玄関口を見守っています。レストランの建物自体は50年を超える旧家屋です、日本統治時代において、嘉義市中山路は日本人と台湾で商売成功の人が活動する場所、桜の花の二階へ上がると、目一杯の畳が足元から伸びていくのが見られます、フロアー全体を被り、濃厚な日本風情がベランダの襖まで伸ばし、屋外の庇と庭の桜の木が一つとなり、それが綺麗なヴィンテージ画となります。元の味を重視する精神のChuehと親切且つ情熱な店員Chu Chuは、引き続きに小道野中で、桜みたいな熱烈な姿勢を持って、最も誠実な料理を提供致します。

関連リンク :
住所: 嘉義市西区中山路366巷12号
電話番号: (05)222-2350
営業時間: 月曜日 ~ 水曜日 金曜日 ~ 日曜日 11:00–21:00 木曜日定休日
共有する:
画像エピソード
地図の位置
前のページ 次のページ