愛木村レジャー観光工場

嘉義観光トラベルサイト

愛木村レジャー観光工場

童話中の三匹の子豚の物語が現代になればふっと変身し、文化路の小道内に隠れた「愛木村」の六匹の子豚となりました、彼らの道案内で、旅客達は愛木村の新たな童話を経歴します−檜木の美しい世界を知る。

愛木村の前身は順益木業です、嘉義ではすでに半世紀の歴史を持ち、2代目の顔維徳夫婦への継承の時、木材発展の可能性のため、家の年配者と継続的に相談しました。初めはよく思われないそして理解されない、最後では認められと肯定され、丸々3年の時間をかかり、やっと愛木村が誕生した、この空間を通してより沢山の人が木材運用のレベルを理解できるように、大自然の樹木の神秘と林業発展の過程を体験認識するように、これは林業のために路を一本開くためだけではなく、更に大きな初志は旅客達が木材に対して記憶を残すこと。

童話中の三匹の子豚の物語が現代になればふっと変身し、文化路の小道内に隠れた「愛木村」の六匹の子豚となりました、彼らの道案内で、旅客達は愛木村の新たな童話を経歴します檜木の美しい世界を知る。

愛木村の前身は順益木業です、嘉義ではすでに半世紀の歴史を持ち、2代目の顔維徳夫婦への継承の時、木材発展の可能性のため、家の年配者と継続的に相談しました。初めはよく思われないそして理解されない、最後では認められと肯定され、丸々3年の時間をかかり、やっと愛木村が誕生した、この空間を通してより沢山の人が木材運用のレベルを理解できるように、大自然の樹木の神秘と林業発展の過程を体験認識するように、これは林業のために路を一本開くためだけではなく、更に大きな初志は旅客達が木材に対して記憶を残すこと。

この初志に基づき、内部の内装設計、文案発想、空間構造の考えなども他人の力を借りず、全部顔維徳夫婦が造り上げ、更に特別にゲームインタラクティブゾーンとDIY木材芸術体験を計画、大人も子供もここへ遊びに来られたら楽しい記憶と記録を残しますように、そして遊びながら楽しく学ぶ目的が達成します。

遊びの間に、ここの看板美食檜楽卵とフルーツアイスキャンディは如何ですか。檜楽卵は普通の茶葉卵とは違って、中に漢方薬秘法があるほか、更に檜を入れ煮込みました、健康そして美味しいだけじゃなく、口の中には淡い檜の香りが残されます。そしてフルーツアイスキャンディの素材は非常にシンプル、僅か牛乳とフルーツ、オーナーは堅く乳化剤或いは其の他添加物を入れないことを守り、旅客達が安心に楽しむほか、最も原始的なフルーツ味を残した。

愛木村は新人の姿で奮起、日々精進することも切れることなく、短い5年の開業時間、旅客の人数は登り続けています、将来的には、成人クラスの芸術体験を企画するアイデアもあります。そのような慎重な運営で、愛木村は引き続きに私たちに驚きをもたらすでしょう。

推薦料理:檜楽卵とフルーツアイスキャンディ

関連リンク :
住所: 嘉義市東区文化路909-3号
電話番号: (05)232-2441
営業時間: 月曜日 ~ 日曜日 09:00–17:30 火曜日定休日
共有する:
画像エピソード
地図の位置
前のページ 次のページ