infusionケーキ紅茶専売店

嘉義観光トラベルサイト

infusionケーキ紅茶専売店

infusionケーキ紅茶専売店の店長張嘉宏にとって最大の難題は:私が彼に店内最推薦の食事を指し示すように要請した時。


他の県市の7年間の嵐の洗礼の後、嘉宏は105年(西暦2016年)嘉義市に戻り、知り合いのスイーツ調理師頼宜含と嘉義市で「美街」と称され街道で一緒にinfusionケーキ紅茶専売店を開きました。店の正面は床から天井まである窓が設置してあり、白い窓枠と交差しながら、店内の風景は一枚一枚暖かく静かで穏やかな絵画に分けられた。画の世界に踏み込めば、快適な雰囲気と音楽の空間でうっかりとゆらゆら揺れ始める、全てのお客様を導くのも自然と芸術作品として不可欠な一部となります。

バーカウンターのデザートキャビネットの中に置いた全てのフランススイーツは、宜含が自身でフランス留学時の経験と生活上の其々のインスピレーションストーリーを融合し、一から二ヶ月研究開発の時間を経て、創作したものです、宜含は昔音楽を学びました時と同じように、途中であきらめず最後までやり遂げる、鉄柱を針までみたいに磨く精神をスイーツ創りに投入した、そのため彼女のスイーツは豊富且つ多様な美感レベルを持ちます。異なるスイーツに合わせて、バーカウンターの嘉宏は違った単品茶を薦めます、店内の茶品から茶葉を選び、淹れてからお客様に上げ渡すまで、全ての手順は嘉宏が慎重にチェックします、最高の食事をお客様のテーブルへ送ります、これは嘉宏が絶対に適当に終わらせることではないです。私が思うにはこれが何故終始嘉宏は店内最も推薦している料理を決められない原因となる、何故ならば彼自身がお客様に送った全ての料理は心中最高の標準に到達していますからです。

店内の壁では不定期に展示する芸術品、撮影写真、油絵、スケッチなど作品を交換、何時もながらお客様が気軽に見上げると、ゆっくりと自分の物語を伝えます、infusionケーキ紅茶専売店と同じように完全自然融合した芸術の美しさ、黙々と成仁街に立て、歩行者が気軽く踏み込んだ時、ゆっくりと自分の物語を語ります。

関連リンク :
住所: 嘉義市東区成仁街179号
電話番号: (05)227-0300
営業時間: 水曜日 ~ 日曜日 13:00–19:00 月曜日~火曜日定休日
共有する:
画像エピソード
地図の位置
前のページ 次のページ